• ホーム
  • 津波で店が流された | 起死回生した魚屋店主の挑戦

津波で店が流された | 起死回生した魚屋店主の挑戦

  • #クラウドファンディング

廃業危機を乗り越えた魚屋の挑戦

岩手県大槌町で父の代から続く鮮魚店を営む河合秀保さん。父親の頃はスーパーとして鮮魚に限らず、生鮮・米・酒なども扱っていたが、東日本大震災で店舗を流されたことを機に秀保さんが継いで鮮魚店として仮設商店にオープンした。現在は刺身や干物などの魚加工品に特化した「河合商店」を営むと同時に、三陸の幸を使用したミールキットのクラウドファンディングに挑戦。

一時は原発事故の影響で放射能の心配が叫ばれたことがありましたが、今では世界のどこよりも厳しい基準を設けて安全に岩手県産の食材を食べてもらうことができるようになっています。と語る秀保さん。ミールキットは岩手県の自然の恵みが集結した極上の素材を、手軽に地元民ならではの調理や味付けを楽しんでいただけます。

このミールキットを通して岩手県産の美味しいものを全国の皆さんに味わっていただきたい、これを契機に震災前以上に東北・岩手県に盛り上がって欲しい。そんな想いを込めたクラウドファンディングは、目標としていた金額を大きく上回り達成しました。

家業エイドMAGAZINE

Contact
まずは相談から、お気軽に

会社名

氏名必須

メールアドレス必須

特に興味のあるトピックや、聞いてほしい話